ポールを使って壁掛けにできるテレビの種類

テレビを壁掛けにする場合、壁に直接穴を開けプレートを取り付けて固定する方法もありますが、壁の強度の問題もありますし、賃貸などの場合ですと直接穴を開けられません。そこで突っ張り棒のような要領で使用できるポールがあります。床から天井までの長いポールをしっかりと突っ張り棒の要領で固定し、その固定したポールにテレビを固定するプレートや金具を取り付けて使用します。そうすると、穴を開けずにテレビを壁掛けにすることができます。ポールは規定の範囲内でしか長さを調節することができませんので、購入する前に必ず設置したい場所を確認する必要があります。リビングが吹き抜けになっている場合ですと、ポールの長さが足りない場合がありますので、違う場所を考える必要があります。簡単に取り付けることのできるポールですが、重たいテレビを固定しなければいけませんので、しっかりとした場所に設置するようにしましょう。

ポールを使って使用目的に合わせてテレビを壁掛けするポイントとは

テレビのボードは重厚感があり、大きく場所を取ってしまい、テレビボードの裏や下は特に掃除がしにくく、ホコリがたまりやすくなってしまいます。そこで壁掛けができるポールだと、簡単に設置できますので、とても便利に使えます。まずはテレビがポールに適しているかを確認しましょう。ポール1本の場合ですと、大きいテレビには適していませんので、2本で支えるタイプのポールを使用すると良いです。また床や天井部分に滑り止めシートを挟んでおくと、ぐらつきなどを防止することもできます。またテレビを固定する際も、大きな工具を使うことなくドラーバーがあればできますので、簡単に取り付けることができます。壁に直接テレビを設置してしまうと、高さを変更したい場合、もう一度取り外しをしなければいけませんが、ポールですと、ある程度の範囲で上下に位置を変えることができますので、使用目的によって高さの変更も簡単に行えます。

壁掛けテレビはポールに適した大きさ、重さであるかをしっかりと確認しましょう

最近ではテレビを壁掛けにされる家庭が増えています。簡単に設置ができるポールを利用すればテレビ周辺の圧迫感がなくなり、掃除もしやすくなりますので清潔に保つこともできます。まずポールを使用する場合、どんなテレビでも壁掛けにできる訳ではありませんので、必ず自宅にあるテレビを確認しましょう。まずテレビの背面にある4つのネジ穴がとても重要となります。ネジ穴がない場合は壁掛けに必要な金具を取り付けることができません。ネジ穴にはカバーがしてあることがありますので、背面をよく確認しましょう。また背面に凹凸がある場合ですと、その凹凸が邪魔をしてしまい平行に金具を付けることができません。また凹凸がある場合でも金具の形も様々ありますので、しっかりと固定できる形の金具をしようすることも大切です。