テレビを壁掛けにするときに適したポールの素材

最近では、既製品に頼らず自分で家具や小物など生活に必要なインテリアをオリジナルで製作するDIYが定着してきています。ホームセンターだけでなく、100円均一のショップでも手軽に材料を揃えることができるので、簡単にお洒落で便利な品物ができると主婦を中心に人気になっています。そんな中、テレビを壁掛けにすることができる方法がDIYであります。テレビ台の上に置くとせっかくの薄型テレビも場所を取ってしまうとか、子供やペットに液晶画面を汚れされてしまうといった問題も、テレビ自体を壁掛けにしてしまうことでスッキリ解決してくれます。また、部屋の雰囲気もお洒落に変身させることができます。このテレビを壁掛けに設置する方法は専用のポールなどを使って行います。実際の固定方法や素材について紹介します。

テレビを壁掛けにするための方法について

テレビを壁掛けにする方法として、専用のポールセットが通販サイトなどで販売されているので、それを利用すると便利です。テレビを装着しても十分耐えられるように作られており、大きな地震にも強い耐震対策が実施されている商品がおすすめです。ポールは1本のものと2本のものがあります。ポールタイプは、多少ポールが目立ってしまうという点がありますが、壁をほとんど傷つけることなくテレビを壁掛けにすることができるので、選ばれる方も多いです。何より工事費がかからず、自分自身で仕上げることになるので、達成感もありますし、リーズナブルな価格で設置することも可能です。ポールを床から天井に突っ張らせた状態で設置できれば、あとはポールに自分の好きな高さや角度でテレビを固定すれば完成になります。

テレビを壁掛けにするために適した素材や注意点について

テレビを壁掛けにするために使用されるポールの多くは、ステンレス、アルミニウム素材です。重量のテレビを壁掛けにして状態を保ち続けるための強度が必要になってくるので適したポールを選ぶ必要があります。また、実際に設置する際には事前に確認作業が必要です。壁の素材によっては、合板を入れなければならないこともあります。床や天井も突っ張り棒に対応している構造や素材であればいいですが、滑りやすい場合は、最悪外れてしまわないように対策をしておく必要があります。また、突っ張り棒設置の際には、長いので照明や家具など、当たって破損させないようにしなければなりません。また、テレビの配線やオーディオ機器の配置箇所もシミュレーションしておくと仕上がりが綺麗なので、入念にチェックしておくことをおすすめします。