テレビはポールを使えば簡単に壁掛けできます

ポールで簡単にご自宅のテレビを壁掛けにする方法とは、テレビを壁掛け式にすることにより今までのテレビの設置場所等に伴うさまざまな悩みことを解消してくれることといえます。ポールとは突っ張りポールのことでこれを天井と床に固定させ、専用の金具を使ってテレビをネジで固定させるのです。簡単と一口にいってもこの方法が全ての液晶テレビに適しているわけではありません。対応できるものとできないものがあります。テレビを壁掛けにするのには専用の壁掛け金具をテレビの背面に取り付ける必要があります。形状は正方形か長方形のもので背面に四箇所ネジ穴が空いていることを確認してください。次に背面に2センチ以上の出っ張りがないことが望ましいです。そして配線差込口の出ている部分が2センチ以内に収まっていれば、壁掛け設置可能なタイプだといえます。

自宅のテレビはポールを使う事で壁掛けに变身できます

簡単にご自宅のテレビをポールで壁掛けに变身する方法を紹介します。テレビを壁掛けにする方法はポールで上下を固定させる方法の他、直接壁に穴を開け金具を設置する方法もありますが、住まいが賃貸物件の方は不可能ですし、音の問題も発生してしまうため現実的ではないでしょう。突っ張りポールでの壁掛け方法は必要な部品は揃いますし、何より壁等に穴を開けたりすることなく設置できます。突っ張り式のポールですが、一本の仕様と2本使って設置するものとがあります。自宅の天井の高さによって突っ張りポールの高さを合わせる必要があります。あとはテレビの重さにポールの耐荷重を合わせましょう。この二点は重要なポイントですので必ず確認するようにしてください。あとは設置する場所のスペースを十分とった上で作業を始めてください。特にポールは長さがあるものですので照明器具などにぶつかったりしないよう安全確認を必ずしてください。

テレビはポールを使えば簡単に壁掛けできます

テレビはポールを使えば簡単に壁掛けすることができます。この突っ張りポールはエアーポールなどとも呼ばれ突っ張り棒にテレビを取り付けるという新しいスタイルの設置法です。しっかりとした床と天井があれば突っ張り棒を縦に使用することで安心してテレビを設置することができます。ピッタリと壁に寄せることで本当に壁にかかっているかのようなおしゃれな空間にすることもできます。何より自分で設置できる手軽さがおすすめできる点です。ただ、テレビ本体を床と天井のみで支えることになりますので、天井部分に梁や柱が通っている場所に設置することを推奨します。手で実際に押してみて浮いたりするような場所には設置は向きませんのでよく確かめるようにしてください。下準備をよくしテレビ台のスペースが空くというビジョンも思い描きながらDIYしてみてはいかがでしょう。