テレビ 壁掛け ポール

ポールを使ってテレビを壁掛けにする方法

ポールを使って簡単にご自宅のテレビを壁掛けにする方法はご存知でしょうか。各家庭の近年のテレビ設置状況はいかがでしょうか。テレビの形態も大きく様変わりし従来の箱型ブラウン管テレビはもう姿を消し今やテレビは超薄型の時代になりました。それにひきかえ、テレビ台はどうでしょうか。横長のボックス型のいわゆるテレビ台の上にテレビを置いている方が多いことと思いますが、テレビ台のスペースは結構大きく、お部屋の一角を占領してしまってはいないでしょうか。テレビは薄型なのにそれを置くテレビ台は場所を取っているものなのです。また、テレビ台のホコリ取りなどにも日々頭を悩ませていることでしょう。これを解決する方法はテレビを壁掛けにしてしまうことです。薄型のテレビの魅力を最大限に引き出すことができる方法をご紹介します。

簡単にポールでご自宅のテレビを壁掛けに变身する方法をご紹介します

簡単にポールでご自宅のテレビを壁掛けに变身する方法をご紹介します。この方法はポールと専用の金具等を使用しテレビの背面にあるネジ穴に、専用の金具をネジ止めしてポール側の金具に取り付けてまたネジ止めをしてテレビを壁掛けにするというものです。このポールは突っ張り式になっているものなので、壁に穴を開けたりすることなくテレビを壁掛けにすることができるのです。お住まいが賃貸なので壁に穴は開けられない、また持ち家であっても壁に穴を開けたりするのは抵抗があるという方におすすめの方法なのです。今までテレビ台に占領されていたスペースをすっきりさせ部屋を広く使うことができるようになります。特にテレビ台は用途があまりないのにテレビがあるから置いているという家庭も多いのではないでしょうか。

ポールを使ってテレビを壁掛けにする方法

ポールを使ってテレビを壁掛けにする方法は、床と天井の間に設置した突っ張り棒(ポール)にテレビを取り付ける方法です。突っ張りポールに設置したテレビの高低の調節は突っ張りポールの上下に移動させることで自由に変えることができます。これは実際テレビを見るときに大変便利なもので、テレビの配置を自由に変えることで日頃の姿勢の悪さや疲れる体勢から解消されます。強い地震でテレビがテレビ台から落下してしまったという経験をお持ちの方にもおすすめの設置方法です。壁掛けにすることで地震の揺れのダメージを受ける可能性は低くなります。ポールで上下をしっかり固定しているので強い揺れにも安心です。また液晶画面を、小さなお子様や一緒に暮らしているペットなどから守りたいときにも有効な方法です。